これだけ知っておこう:美容専門学校の内容と選び方

美容師として働くためには、国家試験を受けて合格し、美容師免許を取得する必要があります。国家試験は誰でも受けられるわけではなく、美容専門学校で規定の課程を修了し、卒業することで受験資格が得られます。
美容専門学校にはいくつか種類があります。通常の学校のように朝から夕方まで通って学ぶ全日制のところもあれば、日中は別の学校や仕事に通う人を対象にした夕方や夜から授業を行う夜間過程、基本は通信教育で学び、年に何度か学校で行われるスクーリングに参加する通信課程などがあります。通信課程の場合は、美容室に勤務していることが要件となっているところや、美容室に勤務していなくても構わないが、勤務している場合はスクーリング回数が短縮されるといったところがあります。

学校や課程によって異なる学費や取得できる資格

美容専門学校の学費は、学校によって幅があります。だいたいの相場として、全日制の学校(2年制)で200万~300万、夜間課程(2年制)で150万~250万、通信課程(3年制)で50万~70万といったところです。これに教材や教科書代、施設維持費などがプラスされます。
多くの学校で、学費支援制度を導入しており、教育ローンや奨学金を取り扱っています。学費の工面が大変な場合は利用を検討してみるといいでしょう。ただし、利用するには一定の条件を設けていることがありますので、希望の学校によく確認しましょう。
多くの学校で、美容に関するさまざまな資格の取得ができるカリキュラムが組まれています。学校やコースにより取得できる資格は異なりますが、美容着付師やネイリスト技能検定、アイデザイナー技能検定、メイクアップ技能検定などがあります。美容師として働きだした際、仕事の幅が広がりますので積極的に取得するといいでしょう。

学校を選ぶ際の注意点と確認ポイント

進学する美容学校を決める際、最初に確認すべき点は、厚生労働省の指定を受けた美容師養成施設であるかということです。指定を受けていない美容系の学校を卒業しても美容師免許の受験資格は得られませんので、注意しましょう。
また、カリキュラムをよく検討し、取得できる資格や習得できる技術の内容などを考えて決めるようにしましょう。学費が心配な場合は、支援制度の内容も調べておきましょう。
就職率や就職先を確認することも大切です。個別指導があったり、系列サロンへの紹介、斡旋があるなど、就職に関する支援体制が充実しているところが望ましいと言えます。
ある程度志望校が絞られてきたら、通信課程でない場合は、学校見学をすることをおすすめします。学校によって先生の質、生徒の熱意、施設の充実ぶりなどは異なります。自分にあった雰囲気のところを選ぶことが大切です。